• 0800-200-8934
  • お問い合わせ

転職でお悩みの方へ

転職にもリスクはあります!

現在の状況を改善するために転職を考える人は多いはず。
でも、転職にもリスクがあることを忘れずに!
会社が変われば経営方針、薬剤師の配置基準が変わります。
また、職場が変われば人間関係の構築もゼロからスタートすることに。
リスクを伴わない転職はありません。つまり転職にはそれだけの覚悟が必要なのです。

転職活動をスタートする前に

チェック1
なぜ転職したいのか考えよう

転職を考える背景には、家庭の事情や現職に何らかの不満があるからだと思います。
前者の場合、ご主人の転勤や育児など、止むを得ない理由という点で明確です。
では後者の場合は如何でしょう?給与、人間関係、スキルアップなど理由は千差万別です。
まずは、現状にどんな不満があり何を改善したいかを明確にしましょう。それが転職成功への第一歩となります。

チェック2
解決するためには転職しかないのか?

転職するということは自分自身の履歴書に職歴を増やすことです。
それがプラスに働くこともありますが、マイナスに作用することも十分考えられます。
まずは、今抱えている問題が転職しないで解決できないのかを検討しましょう。
給与なら人事に「給与を上げるにはどうしたら良いか?」かけあってみても良いですし、人間関係なら他店舗への異動を願い出ることで解決できるかもしれません。

チェック3
解決できない…それなら転職です!

現職を続けることで現在抱えている問題が解決できないのであれば、そこで初めて転職という選択肢が発生します。
その場合のあなたの転職軸は、既に明確になっています。
ゴールが見えているのですから、それに向かって転職活動のスタートです!

転職イロハ

転職するためには、考えなくてはいけないこと、やらなくてはいけないことがたくさんあります。
まず何から始めたら良いか?転職活動の流れが分かります!

ステップ1
転職スケジュールを確認する

現職の退職規定はどうなっているか確認をしましょう。 通常、内定をもらってから入社までの期間は最大でも2ヶ月というのが一般的です。 せっかく内定をもらったにも関わらず、退職規定で3ヶ月先しか入社できないのでは内定見送りとなりかねませんので、 退職交渉の時期も併せて検討しましょう。

ステップ2
キャリアの棚卸をする

最近は職務経歴書の提出を求める会社も徐々に増えてきました。
職務経歴書の作成時にはもちろん、面接対策という意味でもキャリアの棚卸は必要不可欠です。
また、自分のPRポイントを探すということが棚卸をする理由の一つですが、実は転職理由を振り返る意味でも重要です。
どのような経緯で退職を考えたのか、を再認識することで転職条件の優先順位を明確化することができます。

ステップ3
求人を探す

転職の2~3ヶ月前を目安に求人探しをスタートしましょう。
通常、求人が出るのは欠員発生時期の1~2ヶ月前と言われていますので、3ヶ月以上前では転職希望時期に合う求人が殆ど出ていないため注意が必要です。
また、選択肢を幅広く持つことも重要ですので、人材紹介会社の活用はもちろん、友人や知人、ハローワークを利用するのも良いかも知れません。

ステップ4
面接を受ける

いよいよ面接、でもその前に履歴書や職務経歴書は大丈夫?面接対策は?
受ければ内定、という時代ももうすぐ終わり。予め万全の準備をして面接に臨みましょう。

転職情報やコラムなどはコチラ

ステップ5
意志決定

採用企業から採用予定の連絡を受けたら、基本的にはすぐに返答しなければなりません。
最近はかけ持ちで2~3社の面接を受ける方も多くなっています。
もし、他社との兼ね合いで時間が欲しいときには、「少し検討したいので○日までに返答いたします」と了解を取りましょう。
目安としては採用の連絡を受けてから1週間が限度となります。

ステップ6
入社準備

もし、現職への退職意思を伝えていない場合は、すぐに退職交渉を開始してください。
内定から入社までの期間は最大でも2ヶ月が目安です。
それが難しい場合は、転職活動を開始する時点で退職交渉を開始する必要があります。
また、MRや研究開発など企業経験しかない方は薬剤師名簿登録を忘れていることがありますので、薬剤師免許証が手元にあるか確認を!
さらに当社は内定後~入社までについてもバックアップします。

失敗しない転職のためにも、ぜひトライエイジを活用してみませんか?

上記に関するご質問以外にもご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

失敗しない転職のために、トライエイジが全力でサポートいたします。

PAGE TOP