• 0800-200-8934
  • お問い合わせ

転職お役立ちコラム

転職お役立ちコラム

30代女性薬剤師(愛知県)

大学卒業から1ヶ所の病院で勤務継続。結婚に伴う転居で通勤時間が長くなり、家庭とのバランスを求めて近隣薬局に週30時間のパート勤務で転職成功。

調剤補助に関する厚労省見解が発表!

かねてよりグレーゾーンとされてきた調剤補助に関する見解が、2019年4月2日付の厚生労働省通知により明文化されました。今までは都道府県や管轄保健所の見解に相違が見られたため現場としては判断しにくい状況でしたが、これにより、薬局のみならず病院においても調剤補助者の導入拡大が予想されます。改めてどのような線引きがされたのか振り返ってみたいと思います。

薬剤師にどうやってなるのか?資格の取得方法について解説!

薬剤師になるためには、薬剤師の国家試験に合格する必要があります。ただし、薬剤師の試験を受けるためには、薬学部や薬科大学の卒業資格が必要不可欠です。

また、薬剤師の免許を取ったあとどの職場で働くのか、そもそも薬剤師免許を取るとどのようなメリットがあるのかを理解していないと、6年以上を費やして取った資格を活用できません。

そこで今回は、薬剤師になる方法と、薬剤師資格が役立つ場面について解説します。

ベルシステム24がビーアイメディカルを吸収合併

CRM、コールセンター事業大手の株式会社ベルシステム24が、100%子会社でもある医療分野のコンタクトセンター事業を手掛ける株式会社ビーアイメディカルを本日付で吸収合併しました。

ベルシステム24は、元々症例登録業務を皮切りに医療分野事業を展開していましたが同事業を分社化。医療分野については、同じ伊藤忠グループのエイツーヘルスケアがCRO事業を、コンタクトセンター事業をビーアイメディカルが担っていました。
今回の合併で、ベルシステム24が進めるAI技術を用いたCRM事業との連携により、医療分野に関してもより事業強化に繋がると期待されています。

薬剤師のキャリアアップを職場別に解説!

薬剤師としてキャリアアップを考えているなら、「自分にとってのキャリアアップ」ができる職場を見つける必要があります。極端な話、薬局1つ取ってみても職場によって給与や待遇、昇進のしやすさなどが変わってくるからです。同じ業界にいても、他の会社や職場でどのようなスキルが手に入るのか、知らない人も多いでしょう。

そこで今回は、薬剤師としてキャリアアップを目指すために知っておきたい、職場別のキャリアアップ手段について解説いたします。
PAGE TOP