HOME > 求人掲載企業ピックアップ

求人掲載企業ピックアップ

求人掲載企業一覧へ戻る

株式会社スギ薬局

ドラッグストア
業界2位の成長企業~地域医療対応型・調剤併設型のドラッグストア
株式会社スギ薬局
会社概要
所在地:愛知県安城市三河安城町1-8-4
事業内容:在宅医療および地域医療対応型ドラッグストアチェーンの営業、運営
代表取締役社長:米田 幸正
設立:2008年9月 
資本金:5,000万円
従業員数:3,924名(グループ全体、2010年2月末)
売上高:約293,511,000千円(グループ全体、2010年2月期)
店舗数:725店舗(グループ全体、2010年2月末)

ここがオススメ!

◎政策とニーズを先取り
スギ薬局はドラッグストアではなく、医療提供施設という位置づけです。今後、高齢化社会が進む中で入院日数の短縮と同時に、在宅医療の拡大が見込まれています。自己管理のOTCや健康食品から、受診による調剤、そして在宅での訪問指導へと、全ての段階で地域医療への貢献ができるのが、スギ薬局のスタイルです。

◎充実した研修体制でオールラウンダーを育成
東京、名古屋、大阪の3ヶ所に薬事研修センターを設置、年間200日以上稼働しています。「調剤」「ヘルスケア」「在宅」「コミュニケーション」の4分野でスキル別の研修を実施、3年間で育成するプログラムを持っているので未経験者でも安心です。また研修センターが認定施設なので、認定薬剤師の取得もサポートしています。

◎豊富なキャリアパス
スギ薬局での薬剤師の活躍の場は調剤やOTC販売だけではありません。在宅医療を専門とする者、DI室で現場をサポートする者、教育研修の講師を務める者、もしくは人事やCRC、CRAとして活躍する者などキャリアは多岐に渡ります。年1回の意識調査を通して個々の要望を聞く機会もあるので、現場に終始することなく、薬剤師を活かした色々な業務を経験できるのが魅力です。

採用担当者の声

スギ薬局ではキャリアを積みながら適性にあった職務を担当できるよう、さまざまなポジションがあります。
職能・技術に磨きをかけ専門性を追求する調剤のスペシャリスト。マネジメントとして地域の薬剤師の指導、サポートにあたるスーパーファーマシスト、店舗全体の指導管理にあたるスーパーバイザー。その他にもバイヤー(仕入担当者)、人事・採用担当者などがあります。また、2008年9月より設立されたスギメディカル株式会社により、看護師とともに行う在宅医療や訪問看護、治験事業に携わることもできます。
これらのコースは、一度決めたから変えられないというわけではありません。じっくり働きながら自分の将来を見極め、将来を変えられるのです。また様々な部署とその仕事を経験することにより、社会人としての成長にも繋がります。これが調剤併設型ドラッグストア「スギ薬局」で薬剤師として働くことの魅力の1つです。
このように我々スギ薬局の薬剤師は各個人が自分に合った仕事をすることにより充実した毎日を送っています。薬剤師、店長、スタッフがお店に多角的な物の捉え方、考え方の育成を持つことにより、結果としてスギ薬局はお客様、患者様に信頼され続けているのです。

トライエイジEYE

日々求職者の方とお話をする中で、スギ薬局さんに対して誤解をされている方が多くいると感じています。それはどこにあるのか・・・友人や知人から聞いた噂によるものです。
そこで、皆さんがよく耳にする噂や疑問を徹底解剖してみます!

Q.異動が多いのでは?
A.店舗により処方内容が異なるので、経験値を広げるためにも定期的な異動は行っています。だからといって、調剤チェーンと比較しても差はありません。また、転居を伴う異動の可否も家庭環境を考慮し相談の上で決めていますので、無理な異動はありません。

Q.調剤併設と言っても殆ど処方箋が来ないのでは?
A.店舗により変動しますが、平均的な調剤:OTCの比率は6:4~7:5になります。

Q.残業が多いイメージがあるけど・・・
A.月の平均残業時間は10時間未満です。

Q.離職率が高いと聞いたけど?
A.2009年入社の新卒の離職率は5%未満です。これは他社にも誇れる数字です。

スギ薬局さんに入社される方の殆どは、仕事の幅や薬剤師としてのやりがいを求めている方です。だからこそ、スギ薬局さんについて十分に理解をして入社しており、離職率も低くなっているのだと思います。
将来を見据えて、また薬剤師の将来像を見たい方は、ぜひスギ薬局さんに挑戦することをオススメします。

この企業の求人情報を見る

会社の風景

このページの先頭へ▲